外国人研修生は、勤勉で労働意欲が高く、優秀な若者もとても多い

SITEMAP

Foreign Trainee

外国人研修生紹介のメリットとは

最近では、IT業界などで、ベトナム人などを研修生として雇い入れるケースが増えてきています。なぜ、ベトナム人が、外国人研修生として受け入れられているのでしょうか。 まず、ベトナム人を人材派遣することにはさまざまなメリットがあります。まず、ベトナム人は、勤勉で労働意欲が高く、優秀な若者もとても多いのが特徴です。ベトナム人は、今は全人口の6割が若者であるといわれており、労働意欲の旺盛な若者が多く、親日的です。
このため、日本に雇い入れた場合にも色々な分野において、高い能力を発揮することが期待されています。また、ベトナム人の国民性です。
ベトナム人は、親日的で日本人と非常に近い部分があるといわれています。また、どんな環境にも溶け込むのが上手であるということも特徴で、日本系の企業にも入り込みやすいという特徴があります。
外国人を雇い入れることにはデメリットもあります。それは文化の壁です。しかし、ベトナム人は、親日的であり、コミュニケーションがとりやすいという魅力があります。ベトナムには、現在多くの日系企業が進出しているのが現状であり、非常に仕事がしやすい間柄なので、今現在、外国人研修生としても、注目されているといえるでしょう。

外国人研修生の積極採用

企業の中でも外国人研修生を積極的に採用しているという企業は増加しているといわれています。その理由には、どういった理由があるのでしょうか。まず大きな理由の一つとして、日本の少子高齢化があります。日本では、働くことができる労働人口である若者が減少しており、これは日本全体の課題となっています。こういった課題を解決するため、外国人の労働者を雇い入れることが一つの対策とされている現状があります。今外国人を雇い入れるのには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、外国人を研修生として雇い入れることで、ビジネスチャンスが多く到来する、といえるでしょう。例えば今ベトナムの人口は30歳以下の若者が6割以上といわれており、目まぐるしく経済が発展しているのが現状です。また、日本企業も、ベトナムにどんどん進出しているという現状があります。
ベトナムで成功するためには、その土地の言葉を知り、その文化を深く知ることです。またネットワークを持っている、その土地の人を雇い入れることが成功の鍵であるといえるでしょう。ベトナム人を研修生として雇い入れることで、その習慣や文化などを深く知ることができ、ベトナムにおいてのビジネスの成功率を高めることができるといえるでしょう。

外国人研修生を企業に導入するメリット

世界のグローバル化が進む中、日本の企業でも外国人を研修生として採用し雇用するケースが増えてきました。そこで近年高い注目を集めているのがベトナム人の研修生雇用です。経済が成長しているベトナム人が日本の企業にて雇用をする事のメリットとは一体何があるのでしょうか。まずは長期的な雇用の実現です。日本という国で働く事がベトナム人にとっては収入の安定と、雇用の安定を得ることが出来ます。そのため、長く自社で働いてくれるため、技術力の安定性と雇用の安定性を確保する事が可能です。
その他にも、日本で外国人を研修生雇用するノウハウを培うことが出来ます。将来的に他の国の外国人スタッフを雇用する際や、自社が海外進出する際の現地採用時にノウハウを活かす事も出来ます。そして最後に、今まで自社に日本人スタッフしか在籍していなかった場合と異なり、自社スタッフへの影響も期待できます。
今までとは違う新人の入社により、教育をする側も学ぶ事が多く、職場がグローバルな環境に変化する可能性もあります。中には語学に興味を持つ社員も出てくることもあるでしょう。ベトナム人等の外国人採用を社会貢献の一つと位置づける企業もあり、企業のイメージ向上にも繋げることができます。

UPDATE CONTENTS

TOP